前へ
次へ

転職のときには営業求人を見てみよう

営業求人は転職のときによく見かけるものですが、どのような仕事をすることになるのでしょうか。
営業職は顧客が抱えている悩みや課題を解決するための方策を提案するのが仕事で、そのやり方として自社の製品やサービスを選定するのが基本です。
会社によっては他社のサービスも併用する提案なども許可される場合もありますが、基本的には自社の売り上げを出すことを目的とした顧客対応をするのが仕事になります。
営業の仕事の中にもいくつかの種類がありますが、この基本コンセプトには違いがありません。
新規開拓の場合には今まで取引がない顧客に対してアプローチを行い、ルート営業の場合には既存顧客に対してさらに売り上げを出すためにアプローチをかけることになります。
売り上げに応じた給与や報酬をもらえる仕組みになっていることが多いのが魅力でしょう。
このような仕事に興味を持ったら、転職活動のときには営業求人に応募することも検討してみましょう。

Page Top